カーメンテナンス

「えっ?!有料なの!?」~各社のレーダー探知機のデータ更新の仕方~

お守りの神「捕まりたくないなら金をくれ」 利用者「はあ?!金とんのかよ!」 

各社みんな違うんです。無料な部分もありますが、有料な部分もあるので、それを考慮して買うことをオススメします。

 

 データ更新の必要性

取り締まり状況は日々変化しております。固定式オービスはそのまんまですが、急いでるときに神出鬼没の移動式オービスになんか出会った日は冷や汗ひやひやでしょ。更新してないで捕まりたくないでしょ。無料なのもありますが、よりよいサービスを受けるのにはお金が必要........。

 

データ更新の種類

公開取り締まり情報・速度取り締まり指針の意味とは

各都道府県警から出ている大まかな予告取り締まり情報です。各社無料です。都道府県によっては細かく書かれていますが、ホントに大雑把だったりします。東京では警察署管内で取り締まっている場所が細かく詳細に記されています。これを各社で独自にレーダー探知機のデーターで利用されることになるのです。ユピテルに関してはこの情報を特許技術としてうまく利用しています。かなり更新頻度が高いので無線LAN対応モデル(またはオプション)を買っておくと便利です。

f:id:mennteman2000:20200520155453p:plain
埼玉県の例
f:id:mennteman2000:20200520160053p:plain
東京 駒込の重点取り締まりされる道路
f:id:mennteman2000:20200520160418p:plain
大々的に紹介されてないが、これも大きなポイントだ

 

GPSデータ更新更新の意味とは

位置情報に基づいた取り締まりポイントを最新のデータに更新することを意味します。例えば「一時停止不停止」や「交差点の信号無視や歩行者保護の無視」「車線変更禁止」等多くの取り締まりポイントを過去のデータからレーダー探知機が注意喚起してくれる便利な機能です。私は土手沿いの一時停止を無視したことで捕まりました。(笑)そのときは本当に一時停止する場所とは気づかなかったんですよ。私の知り合いも「右折禁止」を気づかないで曲がってしまったことで捕まった事があります(笑)もしそこがレーダー探知機の取り締まりポイントとして登録されていたら気づいていたかもしれません。こうしたうっかりをレーダー探知機は警告してくれるのです。セルスターに関してはメーカーの無料GPSデータアップデートに加えて「アシュラリンク」でユーザー間の取り締まり情報を共有できるので取り締まりポイントについてはとても強いです。ユピテルは有料です。

 

マップデータ更新とは

文字通り地図のデータ更新です。ユピテルとセルスターは基本フルマップレーダーなので、データ更新をしないと、どんどん地図が古くなっていきます。一方コムテックは潜水艦のソナー?レーダーみたいな、「ここからこの位置に取り締まりポイントがあります。」っていう表示しかしないのでマップデータ更新はありません。そんなに日本全体で見るとそんなに大きくは地図は変わりませんが、気が向いたらお金払ってやっておいた方が良い程度です。

 

各社のデータ更新の仕方

ユピテルの場合

GPSデータ更新の料金

  • 税込み4950円で何度もデータがダウンロード出来るプラン。
  • 税込み990円で35日間でデータがダウンロード出来るプラン。

地図データ更新の料金

  • 税込み2095円(会員限定)でダウンロード出来ない方に最新のデータをmicrosdカードを届けてもらうプラン。(同時にGPSデータも更新)

35日の間に何度も更新出来るプランははっきり言って無意味です(笑)更新間隔は一月毎なんですから(笑)まあそんな更新しないよって方は良いかもしれません。コスパが良いのは地図更新ですかね。下の画像は毎月追加更新されているGPSデータです。

f:id:mennteman2000:20200522175627p:plain
結構多く登録されているんだなぁとは思いますが、 全国的でみるとそんなに取り締まりポイントが密集して増えているわけではないので気にしなくていいかもしれません。

セルスターの場合

GPSデータ更新は無料です。ですがフルマップデータ更新は4170円です。毎年一月の更新になります。

コムテックの場合

全て無料です。

関連記事