元ディーラー整備士の
雑記&紹介
レストラン

勝手にバトル!「やっぱりステーキ」と「いきなりステーキ」を比較してみた!

メニュー!

メニューを編集し載せてみました。こう見るとやっぱりステーキの方がお得ですね。
やっぱりステーキは世界遺産の富士山用岩石プレートで肉を焼いてプレートごと
テーブルに持ってきてくれるそうです。換え肉の値段も割引されています。

どっちがお得か!

肉の種類!

比較1g(約円)
  • やっぱりステーキ
    • 1.赤身4.95円
    • 2.ミスジ5.5円
    • 3.イチボ6.6円
    • 4.Lボーン6.62円
      (沖縄限定)
    • 5.ジョウミスジ7.6円
    • 6.Tボーン7.7円
      (沖縄限定)
    • 7.ヒレ8.26円
    • 8.サーロイン9.9円
  • いきなりステーキ
    • 1.ミドルリブ6.6円
    • 2.リブロース6.9円
    • 3.トップリブ7.3円
    • 4.CABアンガス7.5円
    • 5.ヒレ9円
    • 6.本格熟成国産牛12円
      サーロイン
    • 7.本格熟成国産牛12円
      リブロース

やっぱりステーキは大きいグラムを選ぶと安くなります。そこから割って計算をしているのでご了承を。また、肉を有料でお替わりすることが出来、再度頼むよりも割引されます
それに比べいきなりステーキは量り売りなので、グラムごとの割引きはありません。
ヒレ肉はやっぱりステーキの方が安いですね。

やっぱりステーキのヒレ肉は最大300グラムが2480円(税込)、
いきなりステーキのヒレ肉は300グラムカットが2970円(税込)、
この時点で490円の差があります。

しかもやっぱりステーキはライス、サラダ、スープが料金に含まれていますが、
ライスセットをいきなりステーキで頼むとなると最低でも200円払わないといけないため
差額はさらに膨らみ690円になります。コスパは、やっぱりステーキの勝利です!

ライス、スープ、サラダがお替わりできる?

やっぱりステーキは、ライス、スープ、サラダがお替わり自由!
しかもやっぱりステーキは通常の白米だけでなく、
黒米を白米に混ぜて炊いたおこわみたいなライスも食べることが出来ます。
こちらもなんと無料!健康にも良くて、ビタミンB、ビタミンEなど、
リン・カルシウムなどのミネラルを含んでいて滋養強壮作用の効果があり、
しかも玄米の種皮または果皮の少なくとも一方にアントシアニン系の紫黒色素を含んでいて、
ポリフェノールの一種なので、視力増強や肝機能にも良いとされる。

ですが、いきなりステーキは注文でしかお替わりできないので気軽にご飯を
お替わり出来ません。やっぱりステーキの勝利!

黒米は自宅でも白米と一緒に炊くことが出来ます!

それぞれの「こだわり」

いきなりステーキは炭火で焼きあげてから熱々の鉄板で持ってくるのに対し、
やっぱりステーキは富士山の溶岩石プレートの上でそのまま焼き上げてプレートごとテーブルに持ってくるみたいです。
しかも溶岩プレートは遠赤外線効果で肉を焼き上げるので、中までじっくり火を通す事が出来、肉を柔らかく焼き上げることが出来ます。

お肉を柔らかくふっくらと柔らかく焼き上げる

総合評価でやっぱりステーキの勝利!

なんどかペッパーランチでステーキを食べた事はあったが確かに肉が固い。
自分は大食いなのでお替わりできるやっぱりステーキは強い。
店舗密度はまだ低いのでまだいけませんが、
東京に初出店されたみたいなので明日行くかもしれません!