プライバシー利用規約 https://mennteman2000.hatenablog.com/

SN PLUS規格のエンジンオイル ダウンサイジングターボ車は普通のオイルじゃだめ?自分でオイル交換している人は読んで!

f:id:mennteman2000:20200120233246p:plain

あなたの車にもターボついてるかも?

上記の車以外にも

ダウンサイジングターボ車は

搭載されている車種は

あるかもしれませんが

とりあえずこれだけ

車種があるということで

載せておきます。

 

 

意外と多いダウンサイジングターボ搭載車種

 

本来ダウンサイジングターボエンジンは

小さいエンジンで大きな力を生み出し

ながらも、省燃費性を向上する目的で

開発されたものですが、各社スポーツカー

にもダウンサイジングターボ車を

搭載するようになり、進化をしてきました。

 

 

ミニバンにもターボエンジン

f:id:mennteman2000:20200120235021p:plain

トールとルーミー、タンクはベースが同じ

 

中にはコンパクトミニバンにも

搭載されるようになり、

その例で言うと、

ダイハツ「トール」

トヨタ「ルーミー」「タンク」が

ダウンサイジングターボを

ちゃっかり搭載しているんです。

私は新しく記事を書こうとして

最近この事実を知りました。

 

f:id:mennteman2000:20200120235246p:plain

1リッター98馬力

 

 

ホンダ車はターボエンジンだらけ

中でもホンダの

ダウンサイジングターボの

搭載車種は多いです。

 

f:id:mennteman2000:20200120235613j:plain


この「L15」系のターボエンジンは

  1. ステップワゴン
  2. ジェイド
  3. CR-V
  4. シビックハッチバック
  5. ヴェゼルツーリング

詳しい仕様はここでは書きませんが

ダウンサイジングターボエンジンは

チューニングがしやすく、車格に合わせた

調整ができるので、様々な車種に搭載

することが出来る汎用性の高いエンジン

なのです。

(エンジンの開発コストが掛からない)

しかも、元々のエンジンが小さいので

エンジンルームのスペースを最小限にして

室内の空間を広くとる事が出来ます。

前期RPステップワゴンのボンネットが

それを物語っています。

(後期型は違いますが)

 

ダウンサイジングターボ化による弊害 とは?

LSPIといわれている

「低速回転高負荷」時の

早期着火によるエンジンへのダメージです。

ダウンサイジングターボエンジンは

燃えかすが生成されやすく、エンジンの

燃焼室に煤が溜まりやすいという欠点があり

エンジン6万回転につき1回の割合

(1時間の走行で約1回)異常燃焼が起きるそうです。

頻度はそれほど多く思えないですが

一度起きただけでかなりの結構衝撃が発生するので

最悪エンジンを壊してしまう事もあります。

ですが、最近のエンジンオイルは

この欠点を払拭する規格が登場しました。

必ずSNPLUS規格のエンジンオイルを入れて

f:id:mennteman2000:20200121003843p:plain

API SNPLUS

 もし自分でオイル交換をしている場合、

対応したエンジンオイルを入れるように

心掛けましょう。

 

エンジンオイルには規格があり

「SN PLUS」という新企画が

2018年5月1日に発行されました。

このエンジンオイルは生成される煤を

固形になる前に溶かして洗い流す機能があります。

100%化学合成油だけでオイルを選んでいませんか

私はamazonでよくモービル1オイルを

購入しています。乗っているのはダウンサイジングターボ車で

入れているのはもちろんSNPLUS規格です。

f:id:mennteman2000:20200121005158p:plain

SNPLUS規格 値段は5322円

このエンジンオイルはSN規格の上位互換で

値段も1000円ほど高くなっています。

しかも合成油と表示されており、

性能が100パーセント化学合成油より

劣っているのではないかと誤解されて

しまいそうです。

f:id:mennteman2000:20200121010252p:plain

SN規格 値段は4300円

私はそれぞれレビューを確認しましたが

こちらの旧モデルのオイルが

100パーセント化学合成で値段が安い

ことで選んでしまっている方がちらほらと

いらっしゃいました。

 

それは大きな間違いでダウンサイジングターボ

でなくてもSNPLUS規格のオイルを入れた

方が良く、なぜなら現時点で一番品質の高い

オイルだからです。(断言)

洗浄能力が高いのでエンジンスラッジ

(燃えかすや煤、ごみ)の原因による

故障リスクを下げる事が出来るからです。

モービル1に限らなくとも、エンジンオイルは

新規格のSNPLUSを入れた方がエンジンのためです。

値段もそれほど変わらないと思うので、

出来るだけSNPLUSを入れましょう。