レーザー・レーダー探知器図鑑

No.26 ユピテル LS320 「GS303・A370」レーザー・レーダー図鑑を作ってみた。※比較・機能・解説

No.26 2021年3月
ユピテル
LS300「A370・GS303・Z120L」

本体の仕様は全く同じなのに何故種類が多いのか?


ユピテルは新商品が発売される毎に、同じ商品を差別化するためか名前を別々にして商品数を増やす事をしています。正直私はユピテル「LS300」初代レーザー探知機を購入する際、仕様に違いがあるのか無いのかこの事で悩まされたことがありました。かなり迷惑な話です。

この理由ですが、ユピテルは販売先毎に商品名を替えていることが理由になります。A370はWEB限定モデルで「取扱説明書」が付属されていません。他のモデルは説明書が同梱されております。いわゆるコストカットモデルです。そのため、パッケージングも簡素化されているので、オートバックスや、イエローハットで見かけるような良い梱包ではありません。真っ白で必要なものだけが入った状態になっております。

また、web限定と記載しておきながら、普通に他のモデルはネット販売されているので、かなりややこしい販売方法かなと個人的に思っています。そして、あまり大きな声では言えませんが、個人販売店(いわゆるプレミアムカーショップ)では通常価格よりプレミアムな値段設定になっておりパッケージも高級感漂う仕様となっています。割高感があるので、自分で取り付ける場合はネット通販で購入することをお勧めします。

※発売されてから2ヶ月前後は、一部機種が入荷されていない場合がありますので、複数リンクを張りました。ご確認ください。また、販売店により値段が大きく異なりますので、良く吟味して購入することをお勧めします。説明書がないから安いというわけではないので注意してください。

A370 LS320 GS303 Z120L
説明書の有無
×
販売場所
ネット限定 特定カー用品店 記載なし 指定店モデル
(個人のカープロショップ)
販売元のリンク
Z120Lの販売店検索結果

旧機種と比較

発売日
(NEW)
2021年3月
2020年6月
機能名 (新)LS320
A370/GS303/Z120L
(旧)LS310
A360α/GS203/Z200L
基本性能
機能 変化なし
受信機能
レーザー受信性能 広角レンズ・複数センサ搭載
(第3世代)
2世代目より40%アップ
旧スペック(第2世代)
レーダー受信機能
レーダー受信機能 変化なし
誤警報低減機能
レーダー波識別 変化なし
受信感度 変化なし
GPS警報表示・警報音
変化なし
 
 
GPSデータ
GPSデータ
(休憩スポット・安全運転に貢献する警告など)
164,000以上 162,000以上
取締・検問データ 59,000以上 57,000以上
便利機能
マップズーム機能 初搭載 無し 
レーダースコープ(待ち受け) 初搭載 無し
待受背景カスタム 初搭載 無し 
リマインダー機能 初搭載  無し

進化した点


2021年3月にレーザー受信性能を向上して発売されたLS320ですが、何がどう変化したのか、まとめていきます。

レーザー受信性能アップ


レーダー探知機でレーザー受信が出来るようになったのは2019年4月に発売されたユピテル初代レーザー受信対応「LS300」のレーダー探知機です。それに引き続きワンボディタイプのLS310が登場。レンズ形状を変えたエスフェリックレンズによってレーザー受信性能が200%(初代の2倍)アップ。同時期にレーザー受信機を本体と別々にしたセパレートモデル「LS700」が誕生。設置の自由度大幅に向上した。

ユピテルから引用

さらに今回登場したLS320によってレーザー受信性能がさらに向上、搭載するセンサーを設計変更してしてプラス40%の受信距離を達成したました。

マップズーム機能

今まで地図の縮尺はセルスターから発売されているレーダー探知機からしか変更が出来ませんでしたが、今回はユピテルのレーダー探知機からも変更できるようになりました。縮尺は4段階になり、フルマップレーダーの能力を最大限に活用することが出来ます。

ユピテルから引用

警告に「逆走注意ポイント」が追加


ドライバー自身の逆走防止から、他社ドライバーの逆走による事故防止に役立つ逆走警告機能をLS320から搭載されました。動画アイコンと音声による警告となります。

ユピテルから引用

説明書に記載の通りで、音声の警告となります。

ユピテルから引用

 

レーダースコープ(マップの簡易表示)


レーダースコープ表示は、ユピテルでは廉価モデルにしか搭載されないマップ表示になっていましたが、今回の新製品発売により、フルマップレーダー探知機へ搭載されるようになりました。地図などの細かい表示が気になる方には便利な機能となるでしょう。

ユピテルから引用

待受背景カスタム


LS320には、フルマップレーダー表示以外の13個の待受画面があり、その背景を自分がダウンロードした画像に差し替えることが出来ます。常時フルマップ表示を使用する方には付記¥必要な機能かもしれませんが、気分によって違う待受にしたい方には便利な機能になります。

ユピテルから引用

リマインダー機能


リマインダー機能により、車の健康管理がレーダー探知器でも出来る用になりました。項目はとしては「エンジンオイル」「オイルフィルター」「タイヤ」「バッテリー」の四つになります。それぞれ一ヶ月毎にリマインダーをセットすることが出来ます。

※OBD2でレーダー探知器を車両接続をすると、距離で交換時期をお知らせしてくれるようになります。(任意の距離)

ユピテルから引用

この機種のメリット・デメリット

多くの新機能が盛り込まれたLS320ですが、ここからメリット・デメリットを紹介していきます。

公開取締情報が分かりやすい。

公開取締情報とは警察が一般公開している取締情報のことです。例としては、主要道路などスピードが出やすい大通りなどで、巡回走行などをパトカーや白バイで行う事。または、気まぐれに移動式オービスなどで取り締まる可能性が高い場所を公開しています。

ですが、公開していると行っても、ワードやエクセルで作成された文章で、大まかな場所や時間帯などが書かれた情報などで、普通に目を通してもあまり役立たない情報となります。

この情報をGPSデータとは別に各社レーダー探知器を利用するユーザーにわかりやすく情報提供するために奮闘しています。そんな中ユピテルだけがマップ上に視覚的に情報表示する方法をとっていて、日付・時間・場所を正確に教えてくれるので、取締されている道路が明確に知ることが出来ます。

また、取締情報はパソコンやスマートフォン等で付属のSDカードにダウンロードして更新出来ますが、毎日更新されるので有料で無線LANオプションの購入をお勧めします。

ユピテルから引用

データ更新料が高い

他社で発売されているレーダー探知器では、GPSデータ更新時の発生する料金は有りませんが、ユピテルのレーダー探知器は月額990円(税込)からとなります。

毎月990円払うと一年間で11,800円かかるので経済的とは言えません。また、年額プランもありますが、一年間で4950円と高いです。

そして、ユピテルはフルマップを搭載したレーダー探知器なので、有料の地図データ更新も用意されています。金額は3,143円となりますが、過去に一度でも月額プラン・年会費プランに加入していると、Ityクラブ会員として割引が受けられるので、金額は2,095円となります。また、このプランはMicroSDカードごと買い切る形になるので、カードを差し替えるだけで更新を終わらせる事が出来ます。

なので、おすすめの更新方法としては、一度月額プランに入会してから、マップデータが最新になる2月から3月頃の間にMicroSDカードお届けプランを毎年購入する形が一番簡単でお得なプラン

月額プラン(990円)
入会から35日間有効。入会時期をずらせば二ヶ月分のデータ更新が出来る。
年会費プラン(4,950円)
12ヶ月分のデータ更新が毎月更新出来る。月額12回払いよりも6,930円お得。
(マップデータ更新付)MicroSDカードお届けプラン(3,143円)
地図データが付属。最新GPSデータも同梱。送料は(無料・ネコポス385円)の二種類なので、迷わず無料を選ぼう。また、過去に月額・年会費プランどちらかに加入していれば、2,095円で更新出来るので、一度だけでも有料プランに入っておいた方がお得かもしれない。
お預かり更新プラン(2,970円)
パソコンやスマホで完結できないためお勧めしない。方法としては、「購入店などへのお預け・修理センターへの直接依頼」の2通りなので、ややこしいことこの上ありません。しかも、更新料金の他に、送料と代引き手数料として880円(税込)を徴収されるので、あまりお勧めできません。また、修理センターへ直接依頼の場合、代金引換便「受取時に更新料金(2,970円)・送料・代引き手数料(880円)」を徴収されます。

オススメするオプション

無線LANオプション(付けると便利ですが、現在高い。)

無線LAN機能が付いたSDカードです。モバイルルーターやテザリング機能付きスマートフォン、携帯電話、自宅内無線LANアクセスポイントなどと接続することにより、オービス・取締系&コンテンツデータ、公開取締情報が更新できます。

 

昔は純正の製品より安いflashairが三千円台で多く販売されて居ましたが、昨年からFLASHAIRを搭載したSDカードが一万円台を超える価格で販売されていますので、純正品を大人しく購入した方が良いかと思います。


純正品はユピテルの公式ストアから購入できます。また、ユピテルの新規会員になれば、1000ポイント(1000円)がついて、さらに5000円を超える買い物であれば、送料が無料になります。なので、6700円で購入することが出来ます。下にリンクを張りますので確認してみて下さい。

 

関連記事